【MONO report】Easy step to Make Chai Tea Latte at Home with Herbologie Herbal Tea

【MONO report】Easy step to Make Chai Tea Latte at Home with Herbologie Herbal Tea

MONO

Herbologie’s herbal teas are made with the finest local ingredients and utilizing the power of probiotic fermentation. We carry two types of their tea, Flexy and Pure Serenity on our online shop. Today, we will use Flexy to make Chai Tea Latte.  Flexy is the herbal tea blended with many spices like turmeric, ginger and cinnamon. It tastes a little spicy and may be a bit strong if you normally like mild tea and drink it alone.  If so, why don’t you try to make a ridiculously easy Chai Tea Latte with this Flexy tea and Milk?  You can imitate the taste of sweet and mild Chai Tea Latte that you usually drink at a cafe. Also it is fun to try different style even if you like to drink straight tea.


The first thing you are probably surprised when you open the cover at first is the color.

Orange.

How does it get its orange color?

Turmeric, ginger and cinnamon…

It’s a punchy spicy smell as well as the color.

It is stimulating and tasty to drink straight but sometimes miss milder.

Here’s a simple recipe to make chai tea latte with milk.

 

<Recipe> Serving : 2 cups

《Ingredients》

[For Brewing]
  • 2 teaspoons Herbologie Herbal Tea (Flexy)
  • About 4 teaspoons Boiled water (pour in just enough water to cover tea leaves)
[For boiling]
  • Between 3/4 cup and 1 cup water (about 200ml)
  • Between 3/4 cup and 1 cup milk (about200ml)
  • 2 teaspoons sugar (adjust as you like)

《Direction》

  1. Put the tea leaves and boiled water (for brewing) in a coffee cup and cover the cup with a plate to steam about 3 minutes.
Direction 1-1
Direction 01-2
herbologie手順01-3

2. Move [1] to pot and add 1 cup of water and 1 cup of milk.

herbologie手順02-1

3. Cook it over low heat and stop the fire when the small bubbles comes out around the edge, then add sugar.

herbologie手順03

4. Pour the liquid through a strainer and then into a tea pot.

herbologie手順04-1
herbologie手順04-2

Here is a creamy white Chai Tea Latte with slight flavor of spices.

We could make the complicated deep flavor that we thought we could only find at a cafe.  

The hot and subtly sweet drink goes down easily and warms your entire body.

 Add more sugar or honey as you like.

 It would be good to drink before bed or to warm up on a cold morning.

 A small happiness for daily life.

 

スタッフのMONOレポートAnahola Granola 簡単!グラノーラ入りクッキーを作ってみました

スタッフのMONOレポート
Anahola Granola 簡単!グラノーラ入りクッキーを作ってみました

お菓子づくりが苦手な方でも、簡単においしくできる、グラノーラ入りクッキーを作りました。グラノーラに入っているフルーツの自然な甘みが、やさしい甘みをつけてくれています。砂糖は少し少なめでもいいです。できたてはもちろん、冷めるとよりフルーツの甘みが引き立っておいしく感じました。


 

 

シリアルはヘルシー。
そしておしゃれ。
簡単。
いいことづくめ。
グラノーラは甘味もついていてローストしてあるから、おいしいに決まっている。
グラノーラにミルクをかけ、フルーツかサラダを添えたら立派な朝食になる。
…でも、毎日じゃ飽きてしまう。

戸棚の奥で湿気ってしまう前にお菓子でも作ってみよう。
お菓子作りは普段しないという方でも失敗なしの簡単クッキ−。
まぜてまとめて焼くだけなので、ちょっとした手みやげや、お客さんに出すお菓子としても良い。

<レシピ>
《材料》バター g, 砂糖 g, 薄力粉 g, グラノーラ g, 卵 g

1. 柔らかくしたバターに砂糖を入れ、白っぽくなるまでよく練り混ぜる。
2. 卵を入れてさらによく混ぜる。
3. 薄力粉をふるって加え、さっくり混ぜる。
4. グラノーラを入れあっさり混ぜ、棒状にまとめて20分くらい冷蔵庫に入れる。
5. オーブンをあたためておく。
6. 冷蔵庫から出した4を包丁で5mm厚さに切る。
7. 天板に並べ、180〜190°で15分くらい焼く。

バターを多めに使ったクッキー。
このグラノーラははちみつで甘みをつけているから、砂糖は控えめに。
形はあまりこだわらず、シンプルに丸くナチュラルさを出そう。
こんがり焼きあがったクッキー。
しみじみと眺める。
焦げ目がついた表面につぶつぶとグラノーラが浮き上がって見える。
このつぶつぶはもとは大麦だったんだ。これはパインかココナッツか。
眺めてないでガブリとやろう。
うん、歯にあたったシリアル。噛み締めれば噛みしめるほど味が出る。
簡単にはかみくだけない。身体に良さそう。ほんのりはちみつの香り。
軟弱なクッキーでは出せない。グラノーラを入れて正解。
何かいいことをした気分。

スタッフのMONOレポート Big Island Bees はちみつをシンプルにトーストにのせて

スタッフのMONOレポート Big Island Bees はちみつをシンプルにトーストにのせて

ハワイに数あるはちみつメーカーの中でも人気商品のひとつであるBig Island Beesのはちみつを試食してみました。紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり、シンプルな使い方ができるはちみつですが、その中でも最もシンプルではちみつ本来の真価が問われると思われる「はちみつトーストのせ」を試してみました。

big island bees image01

はちみつはおいしい。
はちみつを使うと料理の味と見栄えが格段にアップする。隠し味に最適。
タレ肉関係、そして魚や肉を焼くときにはちみつをひとぬりすると焼き上がりに、ため息をつきたくなる照りが出る。
でも、はちみつの値段はピンキリ。
高いはちみつをバンバンと魚の煮付けに使うのはもったいない。
良質なはちみつは、やはりそのまま味わいたい。

ふかふかの厚切りパンにバターを塗ってトースト、そしてBig Island Beesのはちみつをトロリとかける。
今回使用したのは、「マカダミアナッツブロッサム」。
琥珀色の透き通ったはちみつをスプーンですくい、トーストにたっぷりとのせていく。
サクサクに焼きあがったトーストにじんわりとはちみつがしみこんでいくのがわかる。
その様子を見るのが楽しくて、少し多めにはちみつをかけてしまう。
少ししんなりしたトーストは、はちみつの重さでずっしりとした重量感を感じられる。

さて、いざ試食。
バターとはちみつがたっぷりのった贅沢なトーストは、ひとくち口に入れた瞬間に、じわりとはちみつの甘さが口の中に広がり、トーストってこんなにおいしいの?!というのが第一に湧き上がる感想。
思わず、近くにいた家族全員に試食を勧める。
全員が全員、口に入れた瞬間顔がほころび、そして「おいしい」の声がこぼれる。
それは心の声が自然とこぼれてしまったようなつぶやくような声。でも、それがかえって脚色のない本音のように聞こえて、こちらも嬉しくなる。
以前は、はちみつ独特のくせのある香りが少し苦手だったが、このはちみつはそのくせがまったくない。
すっきりとした甘みで、それでいて芳醇。質の良さや純粋さ、丁寧につくられたはちみつであるということが 伝わる味だ。

このはちみつは、ぜひとも究極にシンプルに試していただきたい。
紅茶に入れるのもいいかもしれない。
プレーンのヨーグルトにも合いそう。
想像しては、口の中によだれがじわりと湧き出る。