LOCAL BESTS 子連れハワイをもっと楽しく!子供と一緒に楽しめるベストスポット

LOCAL BESTS 子連れハワイをもっと楽しく!子供と一緒に楽しめるベストスポット

子連れで行きやすい旅行先としてハワイはとても人気。今回は、ローカルの人たちがおすすめする、子供と一緒に楽しめるスポットをご紹介します。ベビーと一緒に楽しめる遠浅のビーチなどもありますよ。ローカルの人たちは普段どのように家族との時間をすごしているのでしょうか?

クリオウオウビーチ<ハワイカイエリア>

スーパー遠浅のプールのようなビーチ

ワイキキからハナウマベイ方向に向かってハイウェイを進んだところに位置するのがハワイカイ。閑静な住宅が立ち並び、静かで穏やかな空気が流れます。そんなハワイカイエリアの手前、カラニアナオレハイウェイ沿いにあるのがクリオウオウビーチです。ビーチと公園がつながっており、手前には芝生の広々としたエリアが広がります。このビーチの遠浅がすごい!犬を連れてだいぶ沖まで散歩をしている人もいます。波もないので、ベビーと一緒に水遊びをするのに最適です。ビーチチェアを水の中に持ち込み、そのまま水の中で子供と一緒に日光浴をしている人も。

クリオウオウビーチ 画像

まだよちよちのベビーと一緒に行くのにおすすめのビーチです。間近に見えるココヘッドも大迫力です。干潮の時間になると、ほとんど水が引いてしまうので、ご注意。ベストな時間帯は、季節によっても変わりますが、お昼過ぎからが良さそうです。(こちらをご参照ください。)

 

クリオウオウビーチ ビーチチェア

Kuliouou Beach

<アクセス>
車で:ハナウマベイ方面へカラニアナオレハイウェイを進みます。Bay St(ベイストリート)という通りにぶつかったら右折して住宅街の方に入ります。そのまままっすぐ進むと公園の駐車場があります。海に向かって左側にクリオウオウビーチが広がります。

バス:ワイキキで、シーライフバーク行きの22番か23番のバスに乗ります。「Kalanianaole Hwy + Opp Kawaihae St(カラニアナオレ+カワイハエストリート)」というバス停で下車して、少しワイキキ方面に戻ると、Bay St(ベイストリート)という通りがあるので、海側に入ります。そのまままっすぐ進むとクリオウオウビーチです。

ディスカバリーセンター

ミニキッザニア?雨の日でも子供が楽しめる施設

カカアコ・ウォーターフロント・エリアにあるディスカバリーセンター。日本でいうキッザニアを小さくしたような施設です。様々なテーマでエリアが分かれており、体の仕組みなどを実際に遊びながら学ぶことのできるセクションも。レストランの厨房や、お医者さん、工事用車両のセットなどもあり、○○ごっこが大好きな子供なら、大はしゃぎ間違いなしです。上の階には、様々な国の食事や、生活文化の違いなどを展示したセットもあり、学びながら遊ぶことのできる場所です。また、3歳以下の子供限定のレインフォレスト・アドベンチャーズエリアでは、水遊びや滑り台などで遊ぶこともできます。雨の日など、外で遊べない時などに最適な場所です。営業時間が短いのでご注意!平日は9:00〜13:00まで(月曜休館)です。最低でも2時間は楽しめるので、早めに行くことをおすすめします。

子連れでハワイに最適 ディスカバリーセンター外観

ピンクと黄色のカラフルな建物がディスカバリーセンター

子連れハワイ ディスカバリーセンターレストランセット

レストランの厨房のセット

子連れハワイ ディスカバリーセンター飛行機のセット

ハワイアン航空のセットもあり、パイロットやフライトアテンダント体験もできます

チルドレンズ ディスカバリーセンター

<アクセス>
HAWAII CHILDREN’S DISCOVERY CENTER
ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリー・センター)
111 Ohe St. Honolulu, HI 96813
(808) 524-5437
火~金曜9:00~13:00、土・日曜10:00~15:00
大人、子供ともに10ドル、1才以下無料

車で:カカアコ・ウォーターフロント・パークの駐車場内駐車。
バス:ワイキキ/アラモアナショッピングセンターから19、20番エアポート行き、55、57番カイルア行きのバスに乗り、アラモアナブルバードに出ます。Koula St.(コウラストリート)で下車し、海側に向かってオヘSt.をまっすぐ徒歩約5分。

マイジムホノルル ハワイ

ローカルの子供たちに混ざって英語で体を動かそう

マイジムは、子供向けの体操教室。日本でもオールイングリッシュの体操教室として人気を集めています。体操教室といっても、年齢の低い子向けのクラスでは、遊びながら集団の中での行動に慣れさせるような内容です。先生からの質問に答えたり、きちんと座っていてね〜という指示にきちんと従ったり。マイジムは通常は月額会員向けのクラブなのですが、ビジターでも35ドル/1回を支払えばクラスに参加できます。さらに、色々な季節のイベントに合わせて会員以外の親子も参加できるプログラムがあります。10月にはハロウィンのイベントがあり、かわいく仮装した子供たちがたくさん参加していました。各プログラムは、フリーで遊ぶ時間とインストラクターがリードしてゲームや体操をする時間があります。親以外の大人やお友達とどのようにコミュニケーションをとるのかを間近で見れるのも親にとってとても興味深い経験になります。ここハワイでは、アイナハイナとカイルアの2ヶ所がありますが、特にアイナハイナのジムには、日本語ができるインストラクターが複数いるのでおすすめです。部屋の中には遊具がたくさん。滑り台や平均台、ボールプールなどがあります。全て英語なので、子供が英語に興味を持てるようなきっかけにもなります。また、日本語が話せる先生もいるので、子供が英語がわからずぽかんとしていたりすると、そっと日本語でサポートしてくれたりもするので安心。クラスへの参加は、マイジムのHPよりご予約ください。また、フリーでマイジムの遊具で遊べるPractice&Playという時間は、15ドル/一回。子供だけを預けるParents Night Outは、45ドル/一回です。アメリカでは、子供を夜預けて夫婦だけで出かけるデートナイトをたまに持つのが一般的です。日本ではあまり見られない慣習ですがハワイに来たこの機会に、思い切って二人だけで素敵なレストランに繰り出してみてはいかがでしょう。3時間子供たちを飽きさせないプログラムが詰まっているので、きっと親子共々いい思い出になると思いますよ。
季節のイベントは不定期なので、当店のイベント情報からチェックしてみてください。

子連れハワイおすすめスポット マイジムホノルル

ハロウィンイベントの様子。先生も子供たちもみんな仮装しています。

マイジムホノルル

アイナハイナショッピングセンターの東側奥にあります。(Foodlandと反対の位置、スターバックス/ヨガスタジオ側)

My Gym Honolulu マイジムホノルル(アイナハイナ)
820 WEST HIND DRIVE #1227
HONOLULU, HI 96821
http://www.mygym.com/honolulu
(808) 537-1900

【ビジター価格】
  • 通常クラス:$35 / 1クラス
  • プラクティス&プレイ(フリープレイ): $15 / 1クラス
  • ペアレンツナイトアウト(子供のみ預けるプログラム): $45 / 1クラス ・・・毎月第三金曜日夜PM5:30〜8:30

季節のイベント情報は、当店ウェブサイトの<KOTO>イベント情報からご確認ください。

ご予約は、マイジムのHPの右サイドバーの一番上に↓のボタンがあるのでクリック。

My Gym予約ボタン画像

 

 

右側の列で参加したいプログラム(年齢の目安が書いてあります)をクリックすると、スケジュールが表示されるのでご希望の時間帯をクリックして予約を進めてください。

マカプウハイキング

ベビーカーでも行ける舗装道路のハイキングコース

ビーチもいいですが、ハイキングもローカルには人気のアクティビティ。週末になると多くの人が友人同士や家族でハイキングに出かけます。その中でも子供連れのファミリーに特におすすめなのがこのマカプウハイキング。ハイキングコースの全行程が舗装されており、しかも道幅も広いのでベビーカーでも楽々登れてしまうハイキングコースなのです。片道30〜40分程度。東海岸のパノラマビューを楽しめます。冬場にはクジラが見られるスポットとしても有名です。途中のルックアウトポイントでは、双眼鏡が設置されているので、運が良ければ見られるかもしれません。

子連れハワイおすすめスポット マカプウハイキング

頂上からの眺め。青い海が広がります。

マカプウトレイル

Makapu’u Lighthouse Trail マカプウライトハウストレイル
10035 Kalanianaole Hwy, Waimanalo, HI 96795
無料駐車場あり

バスで:ワイキキより22番(シーライフパーク行き)のバスに乗り、シーライフパークで下車。そこから徒歩で来た道を12分ほど戻ります。Makapu’u Lookoutという看板が目印。

ハワイで一番コーヒーを飲みたいカフェ

ハワイで一番コーヒーを飲みたいカフェ

ローカルがこぞって通う、おしゃれでホットなカフェを特集。最近話題のKakaakoやあまり観光ではあまり足を伸ばさないManoa地区にあるカフェなどもご紹介しています。おいしいコーヒーを飲みながら、のんびりと残りの旅の計画を立てる時間もプライスレスですよ。

Morning Glass Coffee + Cafe

Hawaiiの風を受けながら味わう極上のコーヒー

マノア地区の中心にあるカフェレストラン”Morning Glass Coffe+Cafe”。マカロニチーズパンケーキや、ハンバーガーパンケーキなどの他では見られないユニークなフードメニューが人気のカフェですが、このカフェ、食事だけではなくてコーヒーも抜群なんです。あるロコのお気に入りは”Toddy”。濃厚で、滑らかで、強めのアイスコーヒーだと言います。マノアに住んでる人以外も、たくさんの人がこぞってこのカフェに訪れるとのこと。マノアのゆったりした雰囲気もこのカフェをより魅力的なものにしています。オープンエアのスタイルで、hawaiiの風を感じながら飲むコーヒーは極上です。多少の待ち時間はご愛嬌。Hawaiian-timeを受け入れて、のんびり広い心で待ちましょう。週末には、オープンの時間である7:30より前から行列ができ始めます。この行列が長くなる前の早朝か、ロコ達が仕事にでかける平日に行くのがおすすめです。

Morning Glass image

Morning Glass Coffee

Morning Glass Coffee + Cafe

2955 EAST MANOA ROAD, HONOLULU TEL:(808) 673-0065
http://www.morningglasscoffee.com/
月〜金:7am-4pm 土:7:30am-4pm  日:7:30am-1pm

Brue Bar

Hawaiiのビジネスマン御用達のカフェ

シアトルと言えばStarbucks。ハワイと言えばBrue Bar。カカアコにあるショップ「PAIKO」の店内の一角にあるカフェです。カカアコ以外にもダウンタウンに2店舗をもつこのカフェは、ダウンタウンで働くローカルに大人気。また、ワードセンターにも店舗があるので、そちらも行きやすくておすすめ。どの店舗に行ったとしても均一な、ハイセンスな空間と質の高いコーヒーの味がローカルの人々に人気な理由の一つ。いくつかの店舗は16時頃に閉まってしまうので、ご注意。

Brue Bar image

Brue Bar Ward Avenue

Brue Bar Merchant St

Brue Bar Bishop Street

www.bruebar.com

  • Ward Warehouse: 1200 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814 (808) 591-8411 月-土 9am-5pm 日 10pm-5pm
  • Downtown #1 : 119 Merchant Street 月-金 7am-4pm
  • Downtown #2 : 1164 Bishop Street 月-金 7am-4pm

The Curb Kaimuki

小さなお店ながら実力派の味

多くの人気レストランや小さなブティックが立ち並ぶカイムキは、ローカルに人気のエリアです。そんなカイムキの中心部に、このカフェはあります。とってもフレンドリーでコーヒーの知識が豊富なバリスタがお出迎えしてくれます。知識だけではなく、もちろんお味も秀逸です。小さなお店なので、外の席が空いてたらラッキーな方。Kaimukiの他にも、カピオラニ通り、ハワイ大学内に店舗があるのでお近くにお立ち寄りの際はぜひ行ってみてください。

The Curb Kaimuki image

The Curb Kaimuki - Kaimuki-

The Curb Kaimuki -Paradise Palm-

The Curb Kaimuki - Sinclair Library -

  • Kaimuki: 3538 Waialae Ave Ste #101, 月-金 6:30AM-7:30PM /土日7:00AM-7:30PM
  • Hawaii大学内#1:2560 McCarthy Hall Honolulu, 月-金 7:00AM-6:00PM / 土日 (休)
  • Hawaii大学内#2 :  2425 Campus Rd Honolulu 月-金 8:00AM-2:00PM / 土日 (休)

Bleutree coffee

ついつい長居してしまう居心地の良い空間

カピオラニ通りにあるこのカフェ、コーヒーはもちろん、それ以外にスムージーやアサイボウルなども提供しています。コーヒーには、手作りアーモンドミルクを入れて飲むのがおすすめ。free wifiとコンセントがあるので、パソコンなどを使って何か作業をするのも最適な場所です。店員さんはとってもフレンドリー。何かわからないことがあればなんでも気軽に答えてくれます。テラス席もあるので、カピオラニ通りのストリートウォッチングをしても楽しいかもしれません。ビルディング内に駐車場があるのもとっても魅力的。 チェックアウト時に駐車券をバリデイトしてもらえるので、時間を気にすることなく休憩がてら、旅の情報を検索するのも良いですね。

Blue Tree Cafe image

Bluetree cafe

http://www.bluetreejuice.com

1009 Kapiolani Blvd,Honolulu, 月-木 6 am-6 pm / 金 6 am-5 pm / 土日 8 am – 5 pm

Hawaiiで一番リラックスできるビーチ

Hawaiiで一番リラックスできるビーチ

ハワイと言えば海。たくさんの美しいビーチにすぐにアクセスできます。そんなビーチの中で、ローカルの人たちおすすめの、静かで人があまりいないビーチ達をご紹介します。ただし、ローカルの人たちの大切なリラックスの場所なので、ぜひルールを守って静かなビーチを守ってくださいね。

フナカイビーチ <オアフ島>

ローカル気分が味わえる静かなビーチ

ワイキキからカハラアベニューを東に進むとぶつかるフナカイ通り。ホテルといえば、かの有名なカハラホテルがこの近くにあります。有名な高級住宅街といっても、これと言って観光する場所もない周辺は、ほとんど観光客も歩いていない閑静なエリアです。この周辺に、ローカルの人たちが行く静かなビーチがあるのです。フナカイ通りを見つけたら、周辺に車を停め、海側に小道を見つけましょう。

hunakai beach image01

小道を抜けると、そこにはプライベートビーチといっても過言ではない静かなビーチが出現します。白い砂浜と、向こうに見えるはハワイカイとココヘッド。潮の満ち引きによって砂浜の広さも変わるので、「広々とした」といったイメージではありませんが、その静かでのんびりした雰囲気はワイキキ周辺のビーチでは味わえません。カハラホテルまでずっと続く道を行く犬を散歩させる近所の人たちを脇目に、マットをひいて砂浜に寝転がれば、まるでローカルになったような気分を味わえます。

Hunakai Beach

<アクセス>
ワイキキ方面からダイアモンドヘッドロードを抜け、カハラアベニュー通りに出ます。そのままカハラアベニュー通りをまっすぐ進むと、途中フナカイ通りにぶつかるので、そこから海側に小道を抜けるとフナカイビーチにアクセスできます。

ハノラコーブ <オアフ島>

映画やテレビドラマでも使われる美しい景色

ハナウマベイから5分から10分ほどサンディビーチ方向に車で走るとあるのがハロナブロウホール(ハロナ潮吹き岩)。あまり多くの人に知られていませんが、このハロナブロウホールの右手に、ハノラコーブに続く小さな小道があります。ビーチを降りるとき、ごつごつした岩を降りて行かなければならないので、靴を履いていくのがおすすめ。岩壁に囲まれたこのビーチは、映画「パイレーツオブカリビアン」や「50回目のファーストキス」、テレビドラマ「ロスト」でも使われたことからも、その美しい景色が想像できます。波や離岸流がとても強いので、泳ぐのにはあまり適していません。もしも海に入る場合には十分に注意をしましょう。泳ぐことはできないかもしれませんが、その小さなビーチは冒険心をくすぐります。岩から海へダイブする人を見たり、ウミガメを見るチャンスも。もしかしたらアシカを見ることもできるかもしれません。
また、車上荒らしにはご注意です。貴重品は車に置いておかないようにしましょう。特に夕暮れ時には車上荒らしが多発していますので、車に荷物を置いていきたい場合は、駐車場に着く前にトランクに入れておくのがベター。

Hanola cove

<アクセス>
ワイキキ方面からハナウマビーチ方面に向かい、さらにハナウマビーチから5分〜10分車で走ります。Halona blowhole(ハロナ潮吹き岩)の看板が見えるので、駐車場に止めましょう。車を降りたら、海に向かって右側の小道を降りていくと、ハロナコーブがあります。

カウアペアビーチ <カウアイ島>

ローカルが愛するシークレットビーチ

ハナウマベイから5分から10分ほどサンディビーチ方向に車で走るとあるのがハロナブロウホール(ハロナ潮吹き岩)。あまり多くの人に知られていませんが、このハロナブロウホールの右手に、ハノラコーブに続く小さな小道があります。ビーチを降りるとき、ごつごつした岩を降りて行かなければならないので、靴を履いていくのがおすすめ。岩壁に囲まれたこのビーチは、映画「パイレーツオブカリビアン」や「50回目のファーストキス」、テレビドラマ「ロスト」でも使われたことからも、その美しい景色が想像できます。波や離岸流がとても強いので、泳ぐのにはあまり適していません。もしも海に入る場合には十分に注意をしましょう。泳ぐことはできないかもしれませんが、その小さなビーチは冒険心をくすぐります。岩から海へダイブする人を見たり、ウミガメを見るチャンスも。もしかしたらアシカを見ることもできるかもしれません。

また、車上荒らしにはご注意です。貴重品は車に置いておかないようにしましょう。特に夕暮れ時には車上荒らしが多発していますので、車に荷物を置いていきたい場合は、駐車場に着く前にトランクに入れておくのがベター。

Kauapea beach

<アクセス>
カウアイ島ノースショアにあるキラウエア灯台(kilauea lighthouse)周辺。シークレットビーチの駐車場があるので、そこに車を停めたら、そこから10分から15分海に向かってハイキングすると、ビーチにアクセスできます。